乾燥肌には保湿に続いてまた保湿やねんで!

MENU

乾燥肌への意識が低いと感じた事はありませんか?

小さい頃からずっと、自分が乾燥肌だと意識したことはありませんでした。

 

自分の髪の毛が触れて痒くなることはまあ置いといて、冬場に顔や全身が多少乾燥することは当たり前だと思っていましたので。

 

乾燥肌対策は季節毎に変える必要がある」という記事を読み、しっかりやらなければなと思いました。

 

顔が乾燥してメイクが出来ないことも無かったし、手荒れや足のかかとの乾燥も誰だってこんなものだろうと思って生きて来ました。

 

ところが、子どもがアレルギー性鼻炎の診断が付いた頃から乾燥肌気味になり、私自身も40歳を過ぎてから目の周りのチクチクかゆみのある乾燥と頭皮を含めた全身の乾燥肌を意識するようになりました。

 

食事の面では、水分不足にならないように意識して水分補給をします。

 

脂質もある程度は必要です。

 

果物や野菜をなるべく採るようにしています。

 

コラーゲンのサプリ(ゼリー状のもの)も試しましたが、顔に白ニキビが出てしまい止めました。

 

日本酒を飲むと、お肌がしっとりもちもちになります。

 

味の変わったものはお風呂に入れて入浴剤にしてもスベスベになります。

 

食器洗いやお風呂のお湯の温度は、寒くない程度のぬるめにします。

 

石鹸やシャンプーは、刺激の少ないものに変えて使う量や回数も減らします。

 

お風呂は、ひどい汚れでなければお湯だけでも充分キレイになりますよ。

 

強い紫外線も肌を痛めるので、帽子やベビー用の刺激の少ない日焼け止めでカバーします。

 

必要な時以外のメイクもしません。

 

肌に刺激を与えることも良くないので、タオルでゴシゴシ拭いたりこすったりすることにも気をつけます。

 

保湿は、お風呂の後の全身と水仕事の後も面倒ですがこまめに、やはりガサガサしてくる前が効果的ですね。

 

冬場の顔のお手入れは保湿効果の高い化粧水を使いあとは、オールインワンゲルで楽をしています。

 

ベビーオイルを髪や綿棒での耳掃除にも使ったり、ワセリンも愛用しています。

 

肌に水分があるうちにベビーオイルやワセリンの油分で肌に蓋をするように使うといですよ。

 

一番気をつけているのは、肌に触れる服や寝具です。

 

化繊のものは肌荒れするし汗をかくと汗疹が出来てしまいます。

 

コットン100%が一番ですが、肌に触れるもの以外はフリースやマイクロファイバーなどの肌触りの良い物やコットンとレーヨンの混紡のものなどを選ぶようにしています。

 

エアコンも夏は28?30度、冬は20度を目安に室内が乾燥し過ぎないように、節電・節約も兼ねています。

 

温室計を置いているので、湿度が低い時には洗濯物を部屋干しにしたりして湿度の調節も可能です。

 

ザサガサ・ヒリヒリになる前に、面倒なことも多いですが早めのケアで乗り切って行きたいですね。

スキンケアをするのが、楽しくなりました

やっぱりスキンケア化粧品は、刺激がなく肌に安全な物を使いたいものです。

 

ある日ネットを見ていたら、バオバブ種子油が入ったオーガニックスキンケア「素肌レシピ」を見つけました。

 

オーガニックスキンケア化粧品と言ったらとても高価なイメージでしたが、「素肌レシピ」はどのアイテムもお手頃価格です。

 

オレンジの爽やかな香りが魅力的だと思ったので、購入して使ってみることにしました。

 

洗顔料のホイップウォッシュは、泡立ちは控えめですが、ざらつきが気になる肌もスベスベになりました。オレンジのとても良い香りがして、洗顔をするのが楽しくなります。

 

化粧水のフレッシュスキンウォーターは、モイストタイプを選びました。驚くほどしっとりと潤ってくれる、とても優秀な化粧水です。

 

一番のお気に入りが、モイスチャークリームです。

 

肌に馴染ませると、サラサラの質感になり凹凸を瞬時にカバーしてくれるので、化粧下地としても使えます。

 

暫くするとサラサラの質感から今度はしっとりの質感に変化し、ハリと潤いがアップします。肌への刺激も無く敏感肌の私でも、安心して使うことが出来ました。

 

ただホイップウォッシュ以外からは、オレンジの香りがあまりしないのが残念です。

更新履歴